2011年12月07日

工事は内部造作へ

今日のツルツル路面で、二件事故現場を見た三代目です。

本当に今日の路面はやばかった〜!

さて、大工は内部造作へかかります。
先ずは、後からでは出来なくなる気密シートの先貼りです。
image-20111207171750.png

それと同時平行に構造計算による
所定の位置に
構造金物も付けていきます。
image-20111207172005.png

クラスウールが入る壁に
電気コンセントが着く場合は
電気屋さんが
気密ボックスを取付ます。
image-20111207172425.png

仕上がるとこうなります。
image-20111207174343.png

1階でも、同時平行で先ずはグラスウールをはめ込んでいきます。
image-20111207172625.png
決まった寸法でグラスウールも
作られているので、
写真のようにほとんど切ることがなく
壁の中に収まっていきます。

一番の断熱材は
分厚いグラスウールでも、スタイロフォームでも、ありません。

一番の断熱材は『動かない空気』です。

ですから、グラスウールをつぶないように
『ふんわり』入れて、気密シートで動かない空気を作ることが
一番の断熱工事のポイントです。
posted by 三代目みやさん at 17:37| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東光の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。