2011年04月09日

型枠取付

そろそろダイエットを兼ねてマラソンを始めようと

思っているが、中々脚が向かいない三代目です。



昨日に続いて型枠取付です。

ちょうど、基礎コンクリートの立ち上がりの部分の

枠を作っていきます。



前日の雨でベース底が泥だらけなので

ブロアーという機械で、吹き飛ばして

綺麗にしていきます。







これは丸セパという枠と枠の幅を固定する大事な部品です。

枠の幅に合わせて、丸セパのサイズが違います。







当社は基礎断熱工法を行っており

基礎を断熱材でサンドイッチのように包みます。







基礎で断熱を取ることにより、床下には断熱材は必要なと言うわけです。

もちろん床下換気口も付きません。



床下が湿気るんじゃないって言われることがありますが、

床下は防湿兼暖房のコンクリートを打つことにより

床下はいつも乾燥状態を保てます。





posted by 三代目みやさん at 13:53| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 永山の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。