2011年04月15日

基礎天端ならし

そろそろダイエットをしなければいけない三代目です。





どんなに立派な建物を建てても、それを支える水平でしっかりとした基礎でなければ、意味がありません。。





このようにレベルを使って、高さの墨を出して

基礎天端の水平レベルを出します。





しかし、これだけでは基礎天端の正確な水平精度は出せません。







思い出して下さい。

お風呂にはった水は、お風呂が傾いていようが水平ですよね!



その原理を利用したのが天端レベラーなる専用の天端ナラシ材です。







まずはかくはん機で水をよく練り混ぜ、トロトロにした状態で

基礎の上に1センチ程度流していきます。









固まるとこのようになります。





このように自然の力を利用して、水平な基礎天端を作っていきます。
posted by 三代目みやさん at 10:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 永山の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197650283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。