2010年07月16日

枠付け開始

最近 昼寝が気持ちいい三代目です。

s-P1010644.jpg

朝現場に行くと外枠がすでに大方出来ていました。

s-P1010651.jpg

写真は設備配管が貫通する基礎部分に、先行して入れているスリーブになります。

s-P1010654.jpg

コンクリート打ちの前のアンカーボルトの図面です。
これを元に基礎屋さんがアンカーボルトを設置していきます。

posted by 三代目みやさん at 19:28| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

墨出し

朝4時起き建築士の三代目です。

昨日打ったベースコンクリートの枠をばらし
s-P1010636.jpg

通常15CMが普通のベースですが、今回は18CMとってます。

s-P1010635.jpg

s-P1010637.jpg

大量の布コンクリート枠が運ばれてきて
やり方より基準をベースに落し、そこからスケールで図面の距離を当たります。

s-P1010639.jpg

s-P1010642.jpg

分かりにくいですが、ミリ単位できちんと鉄筋が芯に入っています。

それが終わると、先程だした印をたよりに、ベースに墨を出していきます。

s-P1010641.jpg

この墨を基準に、明日より本格的に、枠を取り付けていきます。
posted by 三代目みやさん at 16:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

ベースコンクリート

昼寝明けの三代目です。

s-P1010599.jpg

奥に見えるのがミキサー車
手前に見えるのがポンプ車です。
ポンプ車によって、どんなに多くのコンクリートでも
短時間にコンクリートが打てるようになりました。
しかもリモコン操作でホースやコンクリートの量を調整できます。

s-P1010598.jpg

写真の釘の高さが、前回お伝えしたオートレベル出した高さになります。

s-P1010603.jpg

その釘の高さにベース天端をならしている写真です。


s-P1010618.jpg

一時間半でこのようにきれいに打ち終わりました。
posted by 三代目みやさん at 13:11| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

鉄筋検査

趣味がHP作成の三代目です。
無料シーサーブログのヘッダー画像
オリジナルに見よう見まねで変更してみました。


s-P1010573.jpg
基礎断熱材が搬入されました。
枠も兼用している優れものです。

s-P1010589.jpg

本日は午後より鉄筋検査で
現場につくと基礎工事を担当してもらっている水島組の水島社長が
昨日の雨で鉄筋に付いた泥を拭いていてくれました。

社長自ら、こういう地味な作業を行ってくれる会社が
私は技術以上に大事だと思います。
(もちろん技術も大事ですよ!!)

さー検査ですが、本日はお二人で登場です。
きちんと工事は行ってますが、じっくり見られると緊張します。

s-P1010592.jpg

s-P1010593.jpg

もちろん一発OK
明日はベースコンクリート打ちです。
posted by 三代目みやさん at 19:22| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

にぎやかな現場

今日は外仕事には辛い雨でした。

朝一 電気屋さんが、仮設電気の臨時棟を取り付けます。

s-P1010558.jpg

その後、正確に鉄筋配置するために、やり方より位置出しを行います。

s-P1010559.jpg

その後夕方行ってみると、お祭りのように職人さんいっぱいでした。
どうやら他の現場が早く終わったようで、応援に駆けつけました。

s-P1010571.jpg

写真は、やり方両方から 糸を張って、すべての鉄筋の通りを確認しているところです。


product_517_1.gif

神楽の家でも紹介しましたが、こちらは外部用のレーザーレベルです。

こちらを使って、ベースコンクリートの高さを出している写真がこちら

s-P1010572.jpg
正確な高さになると「ピッ ピッ ピー」と知らせてくれます。

建築現場もドンドン ハイテク化しています。
しかしそれを使う人が建物に思いを込めて使うこともっとが
大事だと考えます。
posted by 三代目みやさん at 17:44| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

根堀工事完了

寝てる最中に足がつってしまった三代目です。

s-P1010556.jpg

砂利を60cm以上敷きつめた根掘り工事
2日がかりで完了しました。

来週から、鉄筋工事に移っていきます。
posted by 三代目みやさん at 18:53| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

すごい量

そろそろお腹が空いてきた三代目です。

さて本日から東神楽の家 本格的に着工です。

地盤調査の結果  地盤面から1.5m付近に家の支持層になる
いい地盤がありますが、その手前が自沈層といって
すとんと沈む層が数多くあるため、検討の結果
杭を打つほどの深さではないため、深基礎と砂利を60cm入れることで
対応することとしました。

s-P1010515.jpg

s-P1010516.jpg

掘ってみると調査通り、粘土でした。
そして1.5m位掘ると、やはり調査通り
家を支えるための砂利層が出てきました。

しかし 普通の家の基礎の約2倍近く深く掘りますから
人もほぼ埋まってしまう深さです。
s-P1010518.jpg

砂利層を出した後は、ランマーという機械で砂利を締めますが
60cmになると30cm 30cmと2層に分けて締めていくことがポイントになります。

s-P1010530.jpg

深基礎なので今日は約半分で終わりです。
s-P1010533.jpg

s-P1010535.jpg
道路から見ると、残土で山ができたみたいです。

s-P1010534.jpg

お施主様のネコちゃんも心配そうに眺めています。
posted by 三代目みやさん at 18:39| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

二重チェック

昨夜12時寝で少し辛い三代目です。

東神楽の家 明日からいよいよ
根堀工事スタートです。

その前に昨日 出したやり方検査を行います。
きちんと図面通り、基礎の寸法がなっているか
s-P1010511.jpg
敷地との離れは、間違いはないか
s-P1010512.jpg

s-P1010513.jpg
地盤から、基礎の高さは合っているか

の再検査を行います。

写真のように境界石がスケールを通せない
ようなケースももありますが、
少し距離をとって計ることで解決します。

もちろん寸法通りで明日から基礎工事が
順調にスタートすると思います。
posted by 三代目みやさん at 17:52| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

2回目

最近スマートフォンが欲しい三代目です。

本日より、東神楽の家がやり方工事よりスタートします。
今年 初めより打合せを行ってきた家がやっと形になります。
S様の夢を受け
魂のこもった家造り どうぞお楽しみ下さい。

s-P1010476.jpg

posted by 三代目みやさん at 20:17| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

棚板作成

只今、整骨院でブログ更新中の三代目です。

本日の作業 棚板作成、手摺り棒切込み作業


image-20101014175349.png



image-20101014175438.png
お客様と打合わせの上、使い易いように棚板を作成します。
自分が作れば一日作業を大工さんは半日程度で仕上げます。

その後、二階の手摺り棒の切込み作業スタート
しました。体重がかかっても大丈夫なようにしっかりと掘り込んで作ります。
posted by 三代目みやさん at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚作成

只今、近所の整骨院でブログ更新中の三代目です。
本日の作業
棚作成、手すり棒

image-20101014172423.png


image-20101014172452.png

お客様と打合わせの上 使い易いように棚を作成します。
しかし、自分が作れば一日はかかるであろう棚を半日で作りあげます。


image-20101014173013.png

棚が終わり、2階の手摺り棒の切込み作業スタートです。
50 本の棒の上下を切込み しっかりとした手摺りを作ります。
posted by 三代目みやさん at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東神楽の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。